樹脂加工をメインに、納得できる製品づくりに挑む。松永商工株式会社
名 称 特 性 備考・主な用途
PEEK
(ポリエーテルエーテルケトン)
熱可塑性樹脂中最高レベルの耐熱性(連続使用温度240℃)と耐熱変形性があります。他にも耐熱水性(200℃のスチーム中で連続使用可能)、耐放射線性、耐薬品性などに非常に優れた樹脂です。高い難燃性と燃焼時における煙、有毒ガスの発生が非常に少ないことも特長です。 コストは高い反面、従来のプラスチックを超える性能を持っています。弊社でも半導体、液晶製造装置部品、検査装置部品、医療部品などで多くのPEEK加工実績があります。
PPS
(ポリフェニレンサルファイド)
高い耐熱性(連続使用温度240℃程度)を持ちます。
機械的強度、剛性、難燃性、耐薬品性、電気特性、寸法安定性等に優れています。耐薬品性に非常に優れ、酢酸のような有機酸はもちろん、塩酸、硫酸のような無機の強酸にも耐えます。強アルカリにも侵されません。
金属からの樹脂化などによって、近年PPS加工依頼が増えています。高精度の部品製造に使用します。主な用途は電気・電子部品、家庭電化部品、自動車部品、機械部品、半導体・液晶製造装置部品などです。
PEI(ポリエーテルイミド) 優れた耐熱性(連続使用温度170℃)と機械的強度、良好な加工性を持っています。 電気・電子部品、自動車部品、機械部品、航空機部品など
PAI(ポリアミドイミド) 耐熱性、耐衝撃性、耐疲労性、難燃性、摩擦・摩耗特性、耐薬品性、耐ストレスクラック性に優れています。無充填(非強化)プラスチックの中では最高の機械強度を誇っています。 電気・電子部品、産業機械、事務機、自動車部品など
PI(ポリイミド) 耐熱性(連続使用温度250℃以上)、難燃性、強度特性、寸法安定性に卓越した性能を持った熱硬化性樹脂です。 半導体関連部品、自動車関連部品など
名 称 特 性 備考・主な用途
PTFE(テフロン) 耐熱連続使用温度が高い樹脂です。非粘着性で磨耗係数が低く、耐薬品性・電気特性に優れています。
ただし、機械的強度が弱い、磨耗性があまりよくない、他の樹脂に比べて高額という面もあります。
ガスケット、シール材、各種コーティング材、電気絶縁部品、ガイド、パット、滑り板など
MCN(MCナイロン) 機械的強度、耐摩耗性の両方を兼ね備えています。ゴミ、粉塵など細かい粒子を自己に吸収し埋没するので、相手材を傷つけない特長があります。また、注型方式で製造するので大きなサイズが成型できます。
その反面、吸収率が他の樹脂に比べて高いため寸法変化が大きいことや、素材加工(特に大きな素材)の際に切削条件や切削工具の選定が難しい、強酸に耐えないという特徴があるため用途や環境を選びます。
軸受け、ライナーなどの摺動材、 ローラー、ロール、スクレパー、ガイド、衝撃吸収板、シーブ、滑車、車輪など
PA6(6ナイロン) 耐坑張力、耐摩耗性が良素材です。弾性があり、耐疲労性に優れています。異物を内部に吸収し、表面はナイロンのみの状態になるという特徴があります。
デメリットは、吸水性があり寸法変化が起きること、粘りがあるため機械加工がしにくいこと、強酸に弱いことが挙げられます。
歯車、ローラー、ロール、ワッシゃー、ブッシュ、ガイド、摺動板、スリーブなど
PA66(66ナイロン) 6ナイロンよりも結晶化度が高く、機械的強度に優れています。摩擦係数が小さく、耐摩耗性があります。また、自己潤滑性に優れています。 機械材料に向いていますが、吸湿性が高いので設計上配慮する必要があります。
PC(ポリカーボネート) 汎用エンプラの中で唯一透明性がある素材です。吸水率が小さいので寸法安定性も良好です。優れた耐衝撃性を持ち、耐熱性、低温特性も優れています。光学的な用途やモデル用素材として広く使用されます。
電気特性も非常に良好ですが、耐薬品性に劣りストレスクラックを起こしやすいので注意が必要です。
光学関連部品、電気・電子機器部品、医療機器部品、食品機器部品など
PCTFE(三フッ化エチレン) PTFEと同じく、分子中にフッ素を含有する「フッ素樹脂」の一種です。耐熱性や耐薬品性ではPTFEより劣りますが、機械的強度、光学的性質に優れています。 精密切削加工品、低温バルブ、バルブシート、高圧用ガスケット、輸送バック、薬方フィルム、半導体製造装置などの利用用途が目立ちます。
PET
(ポリエチレンテレフタート)
耐熱性、耐薬品性、機械的性質、電気的性質に優れており、コストパフォーマンスの高い素材です。 透明性や強度に優れ、ガスバリアー性がよいことから、主にPETボトルの素材に使用されています。
POM(ポリアセタール) 機械加工性が良く、寸法公差が出しやすい素材です。機械的強度、耐熱性など諸特性がバランスよく保たれています。表面仕上げも容易です。
ただし、ナイロン樹脂に比べると耐摩耗性が劣り、スチームや蒸気で劣化が生じます。また、強酸、強塩基での使用に難点があります。
一般機械部品、各種エンジニアリング部品、ローラー、メタルなど
PVDF
(ポリフッ化ビニリデン)
良好な機械的、熱的、電気特性に加え、優れた耐薬品性を持った、高結晶性素材です。 半導体・液晶関連部品、電子機器部品、食品工業関連機械部品、医療機器関連部品など
PFA 化学的・電気的・機械的特性及び表面特性を示すと同時に、溶融成形できる熱可塑性樹脂としての特性も持ち合わせています。 ほとんどの薬品に対して犯されることがなく、化学的安定性の高い材料のため、強活性の化学薬品に定常的に接触する半導体分野向け部材の成形材料に最適です。
UHMW
(超高分子量ポリエチレン)
すべりの良い、耐摩耗性に優れた樹脂です。軽負荷での耐摩耗性は抜群で、耐衝撃性にも優れています(破壊されない)。耐寒性、耐薬品性に優れており、食品衛生上無毒という特長もあります。
一方、熱膨張率が大きい、機械的強度が弱い、表面硬度がやわらかいため傷が付きやすい、耐候性が悪いという面があります。
ホッパーなどの内張用ライニング材として、各種ガイド、レール、シュート、ライナー、軽負荷における軸受け、ローラー、滑り板など
PBT
(ポリブチレンテレフタレート)
非常に優れた電気特性、長期的な熱安定性があります。常温では、強アルカリ以外の薬品には物性低下はほとんど認められません。また安定した耐候性も特徴です。 AV機器内の機能部品、OA機器、自動車部品、コネクタ部品など
名 称 特 性 備考・主な用途
ABS 外観が美しく、耐衝撃性があります。耐薬品性においては、溶剤には溶けますが、アルカリ性、酸性に強い素材です。接着性、塗装性に優れているため、モデル用切削素材として広く使用されています。表面高度が高く、光沢も良いです。 自動車部品、電気機器部品、モデル用素材など
PS(ポリスチレン) 大汎用樹脂の一つに挙げられ、皆様の生活に幅広く使用されているプラスチックです。剛性が高く、コストパフォーマンスに優れています。 家電製品、OA機器、玩具・日用品 など
PP(ポリプロピレン) きわめて軽く丈夫で、プラスチックの中で最もポピュラーな素材です。電機特性、耐水・耐薬品性に優れています。汎用樹脂中で最も軽量です。 半導体製品製造装置、医療機器部品、食品機械部品など
PE(ポリエチレン) ポリエチレンの最大の特徴は、原料値段が安い、成形しやすい、多用途に向く樹脂である、ということです。
また比重の違った製品が自由に作り出せます。電気の絶縁性・耐油性は良い反面、接着性や印刷効果が悪く、太陽光線や紫外線に弱いという弱点もあります。
油性・耐溶剤性を利用して容器やビン類、食品容器などに多く用いられています。
そのほかに比重の軽さを活かしてポリバケツや大型容器などにも使われています。
PVC(ポリ塩化ビニール) 優れた耐水性・耐酸性・耐アルカリ性・耐溶剤性を持っています。また、難燃性であり、電気絶縁性があります。 用途は実に幅広く、絶縁材をはじめ様々なものに使われています。
PMMA(メタクリル樹脂) 最大の特徴は透明度を持つことで、紫外線透過率などは普通のガラスよりも大きいほどです。光学的特性はプラスチックのなかで最も優れています。耐候性に優れているのも特徴です。外観、表面光沢、表面硬度も良いです。 レンズなどの光学製品、照明器具や外観カバー類、計器類のカバーなど、透明度を必要とする製品に多く用いられています。
トップページ加工技術製品実績主要設備会社概要お問い合わせ||技術資料取扱素材一覧サイトマップ企業ポリシーリンク